キーマ風ブリみそカレー

タマネギ/ニンジン/ピーマン/トマト/ブリみそ/生姜/にんにく/カレー粉/塩/胡椒/油
1.ニンニク、タマネギ、ニンジン、ピーマンをみじん切り。
2.フライパンに油を熱し、みじん切りの生姜、にんにくを投入。
3.みじん切りのタマネギ、ニンジン、ピーマンを投入。
4.野菜に火が通ったら、ざく切りのトマトを投入。
5.水を少し入れ暫く煮詰め、ブリみそとカレー粉を投入して、ざっくり混ぜる。
6.塩、胡椒で調味。

ブリみそチャーハン

ごはん/ねぎ/卵/ブリみそ/生姜/油/塩・胡椒
1.フライパンに油を熱し、みじん切りにした生姜を入れる。
2.生姜の香りがたったら卵を入れ、軽く混ぜ、素早くご飯を投入。
3.ご飯と卵が馴染んだら、ねぎを入れて混ぜ、ブリみそをお好みで投入。
4.水分を飛ばして、全体がパラパラになったら、塩、胡椒で調味。

こっちでも書くことはあるか。

あるんだけどね。どうしたもの?
とりあえず、shugoさん、申し訳ないブログのエントリーより長いコメントは承認待ちの状態にしたっす。
さて、ここからどうしたもんかなぁ。

てか、ありゃ。そうか。shugoさんのコメントだけ割愛するみたいな感じで表示されちゃうんだなぁ。うえええ。どないしょ。

第9地区

SF映画というのは、いかに言い切って「そういうことだから」としてしまうかのバランスが非常に大切だと改めて確認。
ひょうたん島で皆が生きるための食料調達できるわけないじゃん。とか自問した挙句、実は、ひょうたん島の噴火でみんな死んでるんだよね〜。とか、後々言い放った人とか居て心底びびりましたが、とにかく嘘は嘘。流すところは流して力強く語り切るんだって姿勢が大切ですな。
そのまんま、英国風のコメディの演出にしておけば、全編まったく同じでいけたであろう道具立てや、結末も含めて、やりたかったことを、きちんとやり切った風の、素晴らしい作品でした。
人類は良くも悪くも自分たちの手に余ることについては、なぁなぁかつ残酷にやってのけてしまうというシミュレートは、異星人とのコンタクトものとしても、非常に良くまとまっていると思います。
世界の何処かには、「またヨハネスブルグかよ!」とか、「これだからナイジェリア人は!」みたいな笑いが起こる地域とか、あるんでしょうかねぇ。

萩原仁候消息

都市伝説と言ってしまえばそれまでですが、Facebookで活動が確認されました。
なんか、あまりにもアレで笑えたんで、書いておきます。
俺みたいな個人はともかく、業者はもう少し真剣に探せよってハナシですわ。